未分類

肌トラブル完全解決Q&A①

目次

完全脱毛を考えています。脱毛サロンとクリニックでは違いがあるのでしょうか?

今まで自分で脱毛処理してきましたが、きちんと脱毛したいと思います。脱毛サロンとクリニックでは、何がどう違うのでしょうか?

クリニックで行うレーザー脱毛は医療行為です。レーザー利用はサロンではできません。

 最近は10代で脱毛を希望する方も増えています。それだけ、辰網の施術が身近になってきました。
 カミソリや毛抜きで事故処理を繰り返すと、色素沈着・埋没毛・カミソリ負け・内出血など肌トラブルの原因になりかねません。
 脱毛サロンとクリニックの違いをよく聞かれますが、クリニックで行う場合は医療用レーザー「ダイオードレーザー」を使用するのに対し、脱毛サロンでは光脱毛を使用します。レーザーでの脱毛は医療行為ですから、事前カウンセリングで肌質のチェックや部位別の毛の種類、脱毛が完了するまでの期間と費用を細かく説明し、脱毛を受けるときの不安を取り除くためにカウンセリングを行います。
 「1回の脱毛できれいになる」と思っている方が多いようですが、そうではありません。体毛は成長期、退行期、休止期の3つの毛周期で生え変わります。1回の施術で処理できるのは、毛根が毛乳頭についている成長期と退行期の体毛だけです。休止期の体毛の毛根は処理できないため、1回ではきれいになりません。個人差がありますが、毛周期に合わせて5~6回程度の照射で完全脱毛ができます。
 痛みについては、輪ゴムではじいた程度の刺激とお伝えしています。レーザーが黒い色に反応するので、毛の濃い部位ほど刺激が強めです。
 施術当日は入浴を控えてシャワーだけにして、照射直後の肌は弱くなっているので、直射日光を避けるようにします。脱毛している期間はできるだけ日焼けを避け、とくに施術前後は海や山など日差しの強い場所へ出かけるのは控えましょう。施術後は炎症止めの外用薬を塗布します。
  ※毛周期:体毛の生え変わるサイクル。毛周期は体の部位によって違います。

仕事のストレスで、円形脱毛症になってしまいました。

 20代後半の女性です。仕事と職場の人間関係がうまくいかず、気が付いたらツムジの近くに10円玉くらいの円形脱毛症が。どうすればいいでしょう?

精神的ストレスだけが脱毛症の原因ではないので、ゆったりとした気持ちで治療しましょう。

 円形脱毛症は、毛包に対する自己免疫反応が原因と言われています。疲労や感染症、強い精神的なストレスなどが加わるとリンパ球などの免疫反応が変調し、毛包に炎症が起こって毛が抜けるのではないかと考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。約2割の患者さんに家族にも円形脱毛症になった人がいて遺伝的要因も指摘されています。10~20歳代に多く、女性患者さんが多いように感じられますが実際には男女の差はありません。爪の変形やアトピー性皮膚炎、甲状腺機能障害、膠原病などが合併していることもあります。
 4か月~1年で自然治癒する場合もありますが、症状に応じて治療法を選択します。毛髪の血行を良くするフロジン外用薬、自己免疫反応や炎症を抑えるステロイド外用薬は脱毛斑より少し広めに塗布します。患部に直接ステロイド注射をする局注治療はとても効果的ですが、陥凹変形など副作用があるので様子を見ながら1か月に1~2回行います。局所免疫療法はスクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)などを用いて人工的にかぶれさせ、免疫反応を変化させる治療法です。ただし、アトピー性皮膚炎やかぶれを併発している場合は悪化する可能性があります。
 抗アレルギーや免疫調整作用のあるセファランチン内服薬やグリチロン内服薬、アトピー要因のある方には抗アレルギー剤内服薬を併用します。また、ステロイド内服薬は重度の場合に大幅な改善がみられることがあります。
 難治性の場合はエキシマライトを使用したターゲット型光線治療を行います。紫外線を使った治療法で、病巣部分に照射することによって過剰になっていたリンパ球の免疫反応が制御され、毛根が次第に回復します。照射時間は数10秒ほどで疼痛はありまえん。1週間に1~2回照射します。
 日常生活の制限は特にありませんが、頭髪に緊張がかかる髪形や強いブラッシングは毛の脱落を促進し不安につながるので気をつけます。また、脱毛を気にして洗髪が十分にできなくなることがありますが、洗髪することで病気が進行するわけではないので怖がらずに洗髪し清潔を保ちましょう。
 精神的なストレスは円形脱毛症の始まるきっかけになることはあっても直接の原因ではありませんので、精神的はストレスについてあまり考えすぎないようにします。脱毛治療は発毛がみられるまで最低でも4~5か月かかりますから、あせら治療をしていきます。心配しすぎることもストレスになりますので、のんびり治療するぐらいの気持ちが大切です。

30代女性です。抜け毛がひどく髪の毛が薄くなりました。よく効く治療法は?

最近、ひどい抜け毛で髪の毛がうすくなり、まだ30代なのにとてもショックです。女性にもよく効く治療法はあるのでしょうか。

年齢や性別にかかわらず「うす毛」で悩む人が増えていますが、効果と安全性が認められた女性用医薬品ができています。

 「うす毛」というと男性や年配の方の悩みと思われがちですが、現代では性別や年齢にかかわらず多くの方の悩みになっています。特に最近は女性の悩みのひとつと言われるほど「うす毛」の女性が増えています。その多くが、髪全体が薄くなり、とくに頭頂部が透けて見えるようになるびまん性脱毛症です。
 「びまん性脱毛症」の原因は、女性ホルモンの急激な減少、極度の疲労やストレス、リウマチ、甲状腺疾患などの代謝異常、貧血、栄養不足、激しいダイエット、アルコール依存症など。ときには、過度のヘアケアも原因になります。
 年齢を重ねるごとに髪は密度・太さともに衰えていくものですが、最近はストレスで若年層でも髪の衰えを感じる方が多いようです。一方で、60~70代でも「年だから、うす毛はしかたがない」とあきらめずに積極的に髪のことを考え、来院される方が多くいらっしゃいます。
 女性のうす毛によく効く医薬品は、外用薬だけでなく内服薬もあります。ミノキシジルが含まれた外用薬の「リポゲイン」や「ロゲイン」、そしてアミノ酸・タンパク質・ビタミンB群・ケラチンが特別な組み合わせで配合され、「うす毛」だけでなく髪質も改善するといった効果が確認され、安全性も高く、継続的・長期的に使用できます。
 「最近、毛が細くなった気がする」「髪のボリュームが減ってヘアスタイルがうまくいかない」「抜け毛が増えてきた」と感じながらも、そのままにしている方が多いようですが、女性の「うす毛」治療も驚くほどに進化しています。

シミを消したいのですが、どんな方法がありますか?

日焼けをしたせいかシミが目立ってきました。薄くするには、どんな方法がありますか?

まずシミの種類を医師に診断してもらいましょう。誤った治療はかえってシミをこくしてしまうこともあります。

 シミは種類によって治療方法が違います。たとえば、肝斑というシミにレーザー治療をすると、かえってシミを濃くしてしまうので、専門の医師に相談してください。
 シミには、大きく分けて肝斑、老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)、脂漏性角化症、炎症後色素沈着症、遅発性両側性太田母斑様色素斑の5種類があります。
 シミの治療は、まずUVカメラという特別なカメラで写真を撮りシミの種類を特定します。UVカメラは可視光では捉えることのできない光老化による潜在的なメラニンを捉えることができます。見た目にはわからない肝斑や隠れたシミをくっきりと写し出します。また、見た目にシミがない方でも、今後出てくるシミを見ることができます。

わきに大量の汗をかきます。臭いも気になるし、これってワキガでしょうか?

夏になると、ワキが汗でびしょびしょ。夕方になると臭いが気になってしまいます。ワキガではないかと不安です。

「ワキガ」と「多汗症」は違います。きちんと診断を受けましょう。

 汗を分泌する汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。「エクリン腺」から分泌されるエクリン汗が、私たちが普段から「汗」と呼んでいるもので、ここから大量の汗が出るのが多汗症。汗をかいてすぐは無臭ですが、時間がたつと雑菌が繁殖して”汗臭く”なります。
 腋臭症、通称「ワキガ」はもうひとつの汗腺アポクリン腺から分泌される汗が元となり、特有の臭いを発するものです。腋臭症は思春期から中年にかけて発症するもので、親から遺伝するケースが多くみられます。耳あかを分泌する腺もアポクリン腺の一種であるため、この症状の人は耳あかが湿っています(耳あかが湿っていても腋臭症になるとはかぎりません)。シャツの腋がひどく黄ばんだりするのも特徴です。また、自分では全く気付かず、人に臭いを指摘されたときは、腋臭症の可能性があります。
 「多汗症」「腋臭症」の治療は、塩化アルミニウム外用やボトックス注射を行います。塩化アルミニウムは優れた消臭作用を持っていることから、消臭剤としてもよくつかわれます。塩化アルミニウムを汗のかきやすい部分に塗布すると、水素イオンが汗腺に働きかけて汗を生成しづらい症状にします。ボトックス注射は重度の腋の多汗症には保険適応の治療です。交感神経が過敏になると汗腺が常に働くために汗が多く流れます。ボトックスは交感神経から汗腺に出される命令をブロックすることで汗を極端に減らします。治療は表面麻酔のクリームを30分塗布した後、細かく注射します。効果の持続は個人差がありますが、6か月程度です。

プラセンタを注射や内服薬で摂取できると聞いたのですが?

美肌に良いといわれるプラセンタについて教えてください。医療機関のプラセンタは、市販品とどこが違うのでしょうか。

お母さんのおなかの中で赤ちゃんの生命を育むのがプラセンタ。ヒト由来のプラセンタは医療機関だけで処方できます。

 プラセンタとは胎盤のこと。胎盤は母親の胎内で胎児と母体をつなぎ、胎児を育てる臓器です。もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられ、役目を終えると出産とともに母体外へ排出されます。
 受精卵はわずか10か月という短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この生命を育むのがプラセンタです。たんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、酵素、細胞増殖因子やサイトカインなど、豊富な栄養と各種有効成分を多く含んでいるため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。
 このプラセンタから抽出されたエキスを、注射や内服などにより治療に用いるプラセンタ療法があります。
 プラセンタは、コラーゲンの生成促進、抗酸化作用、美白、保湿など美容作用に用いられるだけでなく、肝機能低下、自律神経調整、生理痛、生理不順、腰痛、肩こり、冷え性、便秘などの改善にも有効とされています。たとえば、女性ホルモンが不足してる場合は分泌を促進させ、更年期相がいの症状にも有効です。
 医療機関で扱うプラセンタ「ラエンネック」はヒト胎盤から抽出したもので、もともと肝硬変や肝炎などの肝臓を治療する厚生労働省に認められた治療薬です。筋肉注射や点滴治療と内服薬があります。
  ※胎盤=プラセンタ
     赤ちゃん誕生とともにプラセンタは役目を終えて体外へと排出されますが、豊富な栄養と各種有効成分を多く含んでいます。動物のお母さんが、出産後プラセンタを食べて体力を回復させるのが、その証拠ともいえます。

見た目年齢を若々しく保つために、普段、気を付けるべきことは?

同窓会に行って、同じ年齢なのに、見た目年齢の差に驚きました。若々しく歳を重ねるために、どんなことに気を付ければいいでしょうか?

「腹七分目」の食事を心がけ、喫煙や日焼けの生活習慣を見直しましょう。

 同じ年齢でも、見た目の若々しい人もいれば、老け顔の人もいらっしゃいます。たとえ一卵性の双子でも、見た目の老化のスピードは同じではありません。見た目の老化は、ライフスタイルによって異なることがわかっていて、とくに喫煙、紫外線による日焼けを日常的にしている人は、肌の衰えを加速させやすいことが明らかになっています。若々しい肌を保つためには、上記2つの習慣は、少しでも早く見直しましょう。
 もう一つ、見た目の若々しさに関わる大きな要素が食事です。年齢を重ねていくと、摂取カロリーを「腹七分目」(八分目ではなく)に保つことが、エイジングケアに役立つということが、最近わかってきました。食事内容は、炭水化物・脂質・たんぱく質中心の食事ではなく、野菜中心の食事を心がけること。特に野菜や果物に含まれているビタミンやミネラルに加えて、抗酸化作用により体の「錆つき」を防ぐ効果が期待されるフィトケミカルを毎日摂取することも重要です。「フィトケミカル」は植物に含まれる天然の化学物質で、摂取しなくてもビタミンやミネラルのように欠乏症が起こるわけではありませんが、数千年にわたって薬として使用されてきました。具体的には、果物や野菜の色素や辛味成分に含まれ、ニンジンのオレンジ色、トマトの赤、トウモロコシの黄色、ブルーベリーの青、ダイコンやワサビの辛味成分などに含まれています。
 また、ブドウの果皮や赤ワインなどに含まれるポリフェノールにも抗酸化作用があることはよく知られています。さらに、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールは近年、寿命延長作用の効果についての研究が進み、エイジングケアの分野でとくに注目されている物質です。
 カロリー制限については、むやみに食事制限するのは問題です。もともと摂食に問題がある場合や体力のない人は試さないよう、十分注意してください。

赤ら顔にはレーザー治療がよいと聞きましたが?

子供のころから赤ら顔です。鼻の周りがとくに赤く、冬は頬まで真っ赤になります。人前に出るのが恥ずかしくて・・・。レーザーなどで治りますか?

レーザーやフォトフェイシャルで治療を行えば、赤ら顔の原因の欠陥が目立たなくなります。コラーゲンも再生され肌質の改善にもなります。

 赤ら顔の多くは、表皮の下の毛細血管が拡張して欠陥が糸状に透けて見える毛細血管拡張症です。赤ら顔の治療には、フォトフェイシャル、ロングパルスYAGレーザー、色素レーザーがあります。
 フォトフェイシャルは、光線を照射して周囲の血管にゆっくりとダメージを与え、赤ら顔の原因となっている血管を見えないようにしていきます。赤ら顔の治療以外にも、フォトフェイシャルは、メラニンを治療する光線・コラーゲンを産生させる光線も照射するので、シミ・毛穴の開き・小じわ・ニキビ痕の改善や肌質改善などいくつかの効果を同時に期待できるのが特徴です。
 ロングパルスYAGレーザーは血管に反応するレーザーで、赤みの軽減・肌質改善・毛穴開大の軽減などが可能です。レーザーが確執から表皮層に働きかけ、コラーゲンの生成を活発にするのが特徴です。フォトフェイシャル同様、照射時に痛みをあまり感じることはありません。
 このほか、赤血球ないの傘下ヘモグロビンの赤い色だけを選択して吸収し、その熱エネルギーによって 毛細血管を縮小する色素レーザーもあります。血管性の病変を治療するものですが、一週間程度、治療部位の色が黒くなるといった症状がでます。

小鼻や頬の毛穴が開いています。キメの整った肌になれますか?

毛穴の黒ずみやざらつきが目立ちます。毎日のスキンケアでは限界があり、鏡を見るたびに落ち込みます。治療で何とかなりますか。

ピーリングや超音波美顔器、レーザーなど、肌の症状に合わせた治療法があります。

 毛穴のつまり・開き・汚れ・黒住など、毛穴の治療法はいくつもあり、ますが、反面ダウンタイムもあります。
 毛穴治療でもっとも効果があるのが、フラクショナルレーザーです。ニキビ痕の凸凹を根本的に治すことができるのと同じメカニズムで毛穴の開きを根本的に治すことができます。2,3日赤みが続きますが、一度良くなると永続的に効果が持続します。
 タイタンは、シワやタルミをかいぜんする近赤外線治療器です。加齢とともに皮膚がたるむと毛穴が縦方向に広がってきます。タイタンはたるんだ皮膚を引き締めることによって縦に広がった毛穴を改善します。
 フォトフェイシャルは赤ら顔。しみ治療にも登場しますが、毛穴の黒ずみに反応して毛穴を引き締めます。
 ピーリングには、ケミカルピーリング(グリコール酸ピーリング、サリチル酸ピーリング)とQスイッチYAGレーザーを用いるレーザーピーリングなどがあります。ケミカルピーリングは、ピーリング薬を数分間塗布してふき取り、クーリングします。ピーリングは、浅い角質をはがす(ピールする)ことによって毛穴のつまりを除去し、コラーゲン合成の促進や美白効果が期待できます。通常、2週間に1回を3~6回繰り返します。
 超音波美顔器スキンスクライバーは、クレンジングとイオン導入の機能があります。クレンジングは超音波で皮膚の毛穴の中の汚れや普通のクレンジングでは取り切れない汚れを取り除きます。その後にイオン導入を行うことで、美白薬などの薬液が肌によりよく浸透します。
 日常生活のスケジュールに合わせて、各治療の「効果」と「ダウンタイム」を考慮して治療法を選択するのが大切です。

顔のホクロをとりたいのですが、どうやってとるんですか?

気になる部分のホクロを取ってしまいたいのですが、どんな方法がありますか?傷痕や痛みが心配です。

皮膚科に受診して良性か悪性か、ホクロの種類を判断して適切な治療をしましょう。

 ホクロは皮膚の腫瘍です。自然に小さくなったりなくなったりしませんが、反対に紫外線を浴びたり引っかいたりすると少しずつ大きくなります。ほとんどが良性ですが、中には悪性のものもあり、要注意です。
 ダーマスコープ(拡大鏡)で観察して、良性のホクロの場合は炭酸ガスレーザーで処置します。炭酸ガスレーザーはホクロの細胞のあるところまで削り取る治療です。大半は表皮下の真皮が残るため、綺麗に治ります。麻酔をするので痛みがなく出血もありません。治療は10分程度。可能止めクリームを塗って終了です。直後はへこんだ状態で、その後しばらくは赤いニキビ痕のようになります。
 4~6か月間は、美白薬を塗る、日焼けに気をつけるなどアフターケアをしっかり行います。まれに、ほんの小さいホクロの細胞が残ってしまい再発することがあります。再発した場合は再度レーザー治療が可能です。
 悪性の可能性があるものや再発するのが嫌な方、深いホクロは、手術で切除して病理検査をします。当日から洗顔や入浴もできますが、丁寧に縫合しても傷跡は残ります。

足の裏にホクロができました。すぐに受診した方がいいのでしょうか?

足の裏にホクロができるとよくない、悪性の場合があると聞いたことがあります。きになるのですが、受診の目安を教えて下さい。

色にむらがある、形がいびつ、大きい、急に大きくなった場合などは要注意です。

 足の裏のホクロを気にして受診される方が多くいらっしゃいます。皮膚がんのひとつ、悪性黒色腫(メラノーマ)が足の裏に発症しやすいからですが、足の裏のホクロが悪性である可能性はそれほど高くありません。日本人の約7%が足の裏にホクロがあると言われていますので、むやみに心配せず、以下の項目を参考にしてひとつでも該当するときは皮膚科を受診してください。

**ホクロ・シミのチェックリスト**
足裏のこんなホクロは要注意。メラノーマの可能性があります。
○にじみ出し・・境目がにじんでいる
○辺縁不正・・形がいびつ
○濃淡不正・・色むらがある
○急に大きくなる・・1か月単位で大きくなる
○皮膚潰瘍・・傷ができている、出血する
○直径6mm以上・・目安は鉛筆の太さ(7mm)

 診察では、ホクロや皮膚ガンを見分けるためにダーモスコープ(拡大鏡)を使って検査をします。
 病変部に検査用のジェルを塗って拡大鏡を当て、色合いや形状などから、しばらく様子を見ていいものか、切除して病理検査をした方がいいのかを総合的に判断します。
 皮膚ガンには、大きく分けて基底細胞がん、有棘細胞がん、メラノーマの3種類があり、この中で最も悪性度が高いのが「メラノーマ」です。「基底細胞がん」と「有棘細胞がん」は、いずれも紫外線やヤケドがおもな原因と考えられていて、顔や首、手の甲などの露出部に多く発症します。
 いずれも早期発見が大切です。ホクロ・シミのセルフチェックを心がけて下さい。

こめかみにできたホクロのようなシミが気になります

気が付けば、こめかみに、ホクロのように盛り上がったシミができてしまいました。髪で隠しているのですが、やっぱり気になります。きれいに取れますか?

「老人性イボ」は、液体窒素や炭酸ガスレーザーで治療できます。

 盛り上がっているシミは脂漏性角化症、別名老人性イボといわれ、年齢を重ねるにつれ出てきます。老人性イボといっても早ければ20第にでき始めることもあり、こめかみだけでなく顔や顎、胴体部分などにもできます。また、頸や腋にみられる細かい肌色の盛り上がりも皮膚の老化の一種で、スキンタグ(軟線維腫)といいます。人目に触れる部分にできたこれらを気にする女性は多いです。
 治療方法はおもに2種類あります。ひとつはマイナス200℃の液体窒素で凍らせる方法で、2週間ほどでかさぶたになり脱落していきます。保険は適応されますが、完全に取り切れなかったり、色素沈着が強く残りやすいのが難点です。
 もうひとつ、美容的な観点で治療したいという方には、炭酸ガスレーザーがあります。局所麻酔をした後、老人性イボにレーザーを照射すると、その直後に老人性イボは取れており、浅い傷が残ります。その部分に1週間から10日ほど、化膿止めクリームを塗ります。お化粧は普段通りにできます。赤みはしばらく残りますが、ビタミンCの外用薬(ビタミンC誘導体)と遮光でアフターケアをしながら、平均半年ぐらいで肌色に戻ります。
 老人性イボは良性ですが、色や形が普通のイボやホクロと違うと感じた時は、悪性腫瘍の可能性もあります。
 ※老人性イボといっても、早い方は20代からでき始めます。

ピックアップ記事

  1. 肌トラブル完全解決Q&A③

関連記事

  1. 未分類

    肌トラブル完全解決Q&A③

    シミは1回でとれないのでしょうか?副作用も気になりますシミをレーザーで…

  2. 未分類

    肌トラブル完全解決Q&A⑤

    夫がうす毛を気にしています。病院で治療できますか?夫は30代ですが、頭…

  3. 未分類

    さまざまなクリニックの魅力を徹底調査

    各種のレーザーを使い分け、効率的な脱毛を北海道で最初にレーザー脱毛を導…

  4. 未分類

    肌トラブル完全解決Q&A②

    顔のシワを取りたいのですが、どんな治療法がありますか?40代半ばです。…

  5. 未分類

    すべすべ肌を手に入れた脱毛サクセス体験談

    クリニックですべすべ肌を手に入れた成功者続々!永久脱毛のおかげで性格ま…

  6. 未分類

    脱毛する前に知っておきたい医学脱毛

    脱毛する前に知っておきたい医学脱毛Q&A素朴な疑問も小さな不安…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 未分類

    医療脱毛
  2. 未分類

    脱毛する前に知っておきたい医学脱毛
  3. 未分類

    肌トラブル完全解決Q&A②
  4. 未分類

    すべすべ肌を手に入れた脱毛サクセス体験談
  5. 未分類

    さまざまなクリニックの魅力を徹底調査
PAGE TOP